小じわ 改善

セルフケアで差がでる!小じわができる人できない人

最近鏡を見ると目尻に小じわが寄るようになっていた、夕方になると朝によりも小じわが目立つ、なんて経験ありませんか?
目の周りの皮膚は顔のどこよりも薄く、とても乾燥の影響が出やすいのです。

 

 

乾燥することにより、肌の水分は失われ小じわが発生しやすい状態になってしまいます。
では小じわを食い止めることはできないのでしょうか…?

 

 

そんなことはありません。適切なセルフケアで、できてしまった小じわを薄くすることや予防することができます。
乾燥した肌にもっとも必要なのは“保湿”です。

 

 

普段のケアが化粧水や乳液のみという方はそれでは不十分です。保湿力の高い美容液やクリームを使用して、肌に潤いを与えてあげることが大切です。
このとき、小じわをなくしたいばかりに強く擦るように塗ってしまうのはNG!
強い摩擦もまた小じわや黒ずみの原因となってしまうのです。

 

 

 

もうひとつ、クレンジング時は必ずアイメイク専用のクレンジングを使用してください。
目元のケアを頬や顔の他の部分と同じように扱ってはいけません。
目元はとてもダメージを受けやすくデリケートな部分。専用クレンジングで優しく汚れを浮かせるように丁寧に落としましょう。
また、紫外線も乾燥や小じわの天敵です。毎日の紫外線対策も怠らないようにしてください。

 

 

小じわ対策はなにも難しいことはありません。普段のケアに少し手間をかけてあげれば必ず肌は応えてくれます。
保湿第一を心がけて、数年後の肌に差をつけてしまいましょう。