小じわ 改善

小じわができてしまう原因とは!?

小じわができる原因をご存じですか?

 

 

加齢のせいだと思っているあなた、それだけではありません!
小じわやちりめんじわができてしまう原因の2大要素は“乾燥”と“紫外線”です。
肌に悩みを抱えている方の多くの原因がこの乾燥と紫外線のせいなんです。

 

 

乾燥すると肌は弾力を失い、小じわのできやすい状態が出来上がってしまいます。
それを放置すると、小じわがいつのまにか濃く刻まれたしわになってしまうことも…。

 

 

年を取ると誰でも肌の水分量が減り、乾燥しやすくなってしまうのは仕方のないこと。
しかしそこできちんとケアをした人としない人との差が、後々大きくなっていくんです。
小じわは早期対策で未然に予防しましょう。できてしまった人も遅くありません、これからのケアで薄くすることも可能です。

 

 

小じわの原因、乾燥にはなによりも保湿が重要です。保湿力の高いクリームでしっかりとケアをしてあげてください。
パソコンの使い過ぎなどによるドライアイも乾燥の原因です。目薬をこまめに差したり目を休憩させてあげることで乾燥を防いでください。

 

 

もう一つの原因である紫外線は、数分あびるだけでも肌のコラーゲンが破壊されると言われています。
若いころはダメージの回復も早くキレイな肌を保つことができましたが、年齢を重ねるごとにその回復力も衰えてしまいます。

 

 

日差しの強いところへ行く場合は、
日焼け止めをしっかりと。場合によっては日傘やサングラスで紫外線から肌を守ってください。

 

少しの気遣いが後の美肌に繋がります。こまめなケアを心がけましょう。