小じわ 改善

夏の乾燥肌 テカるのはなぜ?

夏の乾燥肌の悩みの中で、テカっているけれど乾燥してしまうものがあります。
この状態は、テカっているのなら皮脂は多いようだけど、アチコチカサカサしているといったことで、一体どうなっている?と思うところです。
これは、今そこにいる環境が肌にとって乾燥していることを意味します。

 

乾燥していると肌で感じた時には、人間の肌は自ら皮脂を出して、肌に潤いを保とうとします。
そのときに、十分な水分があれば、その必要もないわけですが、人間が出せるのは皮脂だけです。
それも、顔全体に行き渡るように十分なものを出すことが出来ず、毛穴の多いTゾーンに集中することから、テカリと乾燥が入り混じった不思議な肌になってしまうとされています。

 

この原因はなんということない、夏の乾燥肌の特徴は水分不足です。
肌に乾燥に耐えうるだけの水分がないために、皮脂が登場しなければならない事になります。
夏は汗もたくさんでますから、水分は十分に足りていると思うのは早計です。
放出された水分は、炎天下の太陽とエアコンの乾燥で次から次へと蒸発していってしまいます。

 

ですから、保湿機能を高め、少しくらいの蒸発ではびくともしない肌を作ることが先決になります。
まず、行って欲しいのは、夏のお風呂に入ることです。
暑い夏ですが、お風呂に入って、発汗作用を高めるとともに、昼間エアコンの涼しい環境にいる機会が多い方は、とにかく一度体を温めてください。
同時に、顔からも大量の汗をかくことになります。

 

その後、洗顔をするのですが、決してこすることなく、表面の汚れと毛穴の汚れを落とすだけのソフトな洗顔をしてください。
さしてスキンケアは、水分を多く、そして保湿の貯めのクリームをたっぷりと。
口からは十分な水分補給をすることです。

 

これを毎日繰り返すことで、新陳代謝も良くなって肌のバリア機能も高真理、少しくらいの乾燥には負けない肌になります。
乾燥肌のテカリをなくすことができるとっておきの方法です。