小じわ 改善

小じわをなくす方法徹底解説

20代後半から30代にもなれば、気になってくるのが小じわ。
年齢を重ねてもキレイなお肌の女性はいくつになっても若々しく見えるものです。

 

 

しかしちゃんとケアをしなければどんどん衰えてしまいます。
できてしまったシワを無くすことは難しいですが、進行を遅らせることや薄くすることは可能です。

 

そこで小じわができる2大要素を徹底解説!

 

 

まず、小じわの原因のひとつが「紫外線」。
紫外線を浴びると、お肌のハリを保つためのコラーゲンを破壊してシワをつくってしまいます。
肌がハリや弾力を保っていられる成分はとてもダメージを受けやすく、紫外線をわずか数分浴びただけで破壊されてしまうと言われています。

 

 

シワだけじゃなくシミ・たるみにも繋がるため、日々の紫外線対策は欠かさず行いましょう。
夏だけでなく季節問わず日焼け止めを塗るなど、細やかなケアが後の美肌に繋がります。

 

 

小じわの原因のふたつめが「乾燥」。

 

乾燥するとお肌のキメが荒くなり保湿成分が逃げてしまいます。
表情による小じわなどを内側から押し戻す力が弱くなり、気付けば小じわどころか、深くしわが刻まれてしまう可能性も…。

 

乾燥による小じわには早期ケアが必須です。
鏡をみて小じわに気付いたら、保湿力の高い化粧水・美容液・クリームで毎日丁寧なお手入れを欠かさずに。

 

 

お肌の水分量を増やすため、化粧水を手で押し込むように優しくつけて下さい。
クリームやオイルで水分を閉じ込めて潤いのあるお肌を取り戻しましょう。
お肌のケアは早くやればやるほど応えてくれます。年を重ねても自信が持てるように楽しんでケアを続けましょう。